TBNZ

PC 相対オフセットのラベルが非ゼロの場合にテストビットおよび分岐、条件フラグへの影響なし、これはサブルーチンの呼び出しまたは戻り値ではないというヒントを使用。

Show/hide構文

TBNZ  Rt, #imm, label

各パラメータには以下の意味があります。

R

幅指定子を指定します。W または X 値のいずれかを指定できます。

アセンブラのソースコードでは、X 指定子は常に許可されますが、W 指定子はビット番号が 32 未満の場合のみ許可されます。

t

テストする汎用レジスタの番号を 0 ~ 30 の範囲内で、または名前 ZR(31)を指定します。

imm

テストするビット番号を 0 ~ 63 の範囲で指定します。

label

条件分岐を行うプログラムラベルを指定します。この命令のアドレスからのオフセットを ±32KB の範囲で指定します。

Show/hide関連項目

Copyright © 2014 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0802AJ
Non-ConfidentialID061814