A64 Advanced SIMD ベクタ命令(アルファベット順)

以下の A64 Advanced SIMD ベクタ命令がサポートされています。

Table 102. Advanced SIMD(ベクタ)命令の場所

ニーモニック概要を参照
ABS(ベクタ)絶対値ABS(ベクタ)
ADD(ベクタ)加算ADD(ベクタ)
ADDHNADDHN2(ベクタ)上位 Narrow を返す加算ADDHN、ADDHN2(ベクタ)
ADDP(ベクタ)対での加算ADDP(ベクタ)
ADDV(ベクタ)ベクタ全体の加算ADDV(ベクタ)
AND(ベクタ)ビット単位論理積AND(ベクタ)
BIC(ベクタ、イミディエート)ビット単位ビットクリア(イミディエート)BIC(ベクタ、イミディエート)
BIC(ベクタ、レジスタ)ビット単位ビットクリア(レジスタ)BIC(ベクタ、レジスタ)
BIF(ベクタ)False の場合はビット単位挿入BIF(ベクタ)
BIT(ベクタ)真の場合はビット単位の挿入BIT(ベクタ)
BSL(ベクタ)ビット単位の選択BSL(ベクタ)
CLS(ベクタ)先行符号ビットカウントCLS(ベクタ)
CLZ(ベクタ)先行ゼロカウント(ビット)CLZ(ベクタ)
CMEQ(ベクタ、レジスタ)ビット単位が等しいかどうかを比較し、その条件が真の場合、デスティネーションベクタ要素をすべて 1 に設定、そうでない場合は 0 に設定CMEQ(ベクタ、レジスタ)
CMEQ(ベクタ、ゼロ)ビット単位が 0 に等しいかどうかを比較し、その条件が真の場合、デスティネーションベクタ要素をすべて 1 に設定、そうでない場合は 0 に設定CMEQ(ベクタ、ゼロ)
CMGE(ベクタ、レジスタ)符号付きが大きいまたは等しいかを比較CMGE(ベクタ、レジスタ)
CMGE(ベクタ、ゼロ)符号付きが 0 以上かどうかを比較し、その条件が真の場合、デスティネーションベクタ要素をすべて 1 に設定、そうでない場合は 0 に設定CMGE(ベクタ、ゼロ)
CMGT(ベクタ、レジスタ)符号付きが大きいかどうかを比較し、その条件が真の場合、デスティネーションベクタ要素をすべて 1 に設定、そうでない場合は 0 に設定CMGT(ベクタ、レジスタ)
CMGT(ベクタ、ゼロ)符号付きが 0 より大きいかどうかを比較し、その条件が真の場合、デスティネーションベクタ要素をすべて 1 に設定、そうでない場合は 0 に設定CMGT(ベクタ、0)
CMHI(ベクタ、レジスタ)符号なしが大きいかどうかを比較し、その条件が真の場合、デスティネーションベクタ要素をすべて 1 に設定、そうでない場合は 0 に設定CMHI(ベクタ、レジスタ)
CMHS(ベクタ、レジスタ)符号なしが大きいまたは同一かどうかを比較し、その条件が真の場合、デスティネーションベクタ要素をすべて 1 に設定、そうでない場合は 0 に設定CMHS(ベクタ、レジスタ)
CMLE(ベクタ、ゼロ)符号付きが 0 以下かどうかを比較し、その条件が真の場合、デスティネーションベクタ要素をすべて 1 に設定、そうでない場合は 0 に設定CMLE(ベクタ、0)
CMLT(ベクタ、ゼロ)符号付きが 0 より小さいかどうかを比較し、その条件が真の場合、デスティネーションベクタ要素をすべて 1 に設定、そうでない場合は 0 に設定CMLT(ベクタ、0)
CMTST(ベクタ)ビット単位のテストビットが 0 以外かどうかを比較し、その条件が真の場合、デスティネーションベクタ要素をすべて 1 に設定、そうでない場合は 0 に設定CMTST(ベクタ)
CNT(ベクタ)バイトあたりの入力カウントCNT(ベクタ)
DUP(ベクタ、要素)ベクタ要素をベクタに複製DUP(ベクタ、要素)
DUP(ベクタ)汎用レジスタをベクタに複製DUP(ベクタ)(汎用)
EOR(ベクタ)ビット単位排他的論理和EOR(ベクタ)
EXT(ベクタ)対のベクタからのベクタの抽出EXT(ベクタ)
FABD(ベクタ)浮動小数点絶対差FABD(ベクタ)
FABS(ベクタ)浮動小数点絶対値FABS(ベクタ)
FACGE(ベクタ)浮動小数点の絶対値が大きいまたは等しいかどうかを比較FACGE(ベクタ)
FACGT(ベクタ)浮動小数点絶対値が大きいかどうかを比較FACGT(ベクタ)
FADD(ベクタ)浮動小数点加算FADD(ベクタ)
FADDP(ベクタ)浮動小数点対加算FADDP(ベクタ)
FCMEQ(ベクタ、レジスタ)浮動小数点が等しいかどうかを比較し、その条件が真の場合、デスティネーションベクタ要素をすべて 1 に設定、そうでない場合は 0 に設定FCMEQ(ベクタ、レジスタ)
FCMEQ(ベクタ、ゼロ)浮動小数点が 0 に等しいかどうかを比較し、その条件が真の場合、デスティネーションベクタ要素をすべて 1 に設定、そうでない場合は 0 に設定FCMEQ(ベクタ、ゼロ)
FCMGE(ベクタ、レジスタ)浮動小数点が大きいまたは等しいかどうかを比較し、その条件が真の場合、デスティネーションベクタ要素をすべて 1 に設定、そうでない場合は 0 に設定FCMGE(ベクタ、レジスタ)
FCMGE(ベクタ、ゼロ)浮動小数点が 0 以上かどうかを比較し、その条件が真の場合、デスティネーションベクタ要素をすべて 1 に設定、そうでない場合は 0 に設定FCMGE(ベクタ、ゼロ)
FCMGT(ベクタ、レジスタ)浮動小数点が大きいかどうかを比較し、その条件が真の場合、デスティネーションベクタ要素をすべて 1 に設定、そうでない場合は 0 に設定FCMGT(ベクタ、レジスタ)
FCMGT(ベクタ、ゼロ)浮動小数点が 0 より大きいかどうかを比較し、その条件が真の場合、デスティネーションベクタ要素をすべて 1 に設定、そうでない場合は 0 に設定FCMGT(ベクタ、ゼロ)
FCMLE(ベクタ、ゼロ)浮動小数点が 0 以下かどうかを比較し、その条件が真の場合、デスティネーションベクタ要素をすべて 1 に設定、そうでない場合は 0 に設定FCMLE(ベクタ、ゼロ)
FCMLT(ベクタ、ゼロ)浮動小数点が 0 より小さいかどうかを比較し、その条件が真の場合、デスティネーションベクタ要素をすべて 1 に設定、そうでない場合は 0 に設定FCMLT(ベクタ、ゼロ)
FCVTAS(ベクタ)符号付き整数への浮動小数点変換、0 から遠い方への最近接値への丸めFCVTAS(ベクタ)
FCVTAU(ベクタ)符号なし整数への浮動小数点変換、0 から遠い方への最近接値への丸めFCVTAU(ベクタ)
FCVTLFCVTL2(ベクタ)高精度 long への浮動小数点変換FCVTL、FCVTL2(ベクタ)
FCVTMS(ベクタ)符号付き整数への浮動小数点変換、負の無限大への丸めFCVTMS(ベクタ)
FCVTMU(ベクタ)符号なし整数への浮動小数点変換、負の無限大への丸めFCVTMU(ベクタ)
FCVTNFCVTN2(ベクタ)低精度 narrow への浮動小数点変換FCVTN、FCVTN2(ベクタ)
FCVTNS(ベクタ)符号付き整数への浮動小数点変換、最近接偶数への丸めFCVTNS(ベクタ)
FCVTNU(ベクタ)符号なし整数への浮動小数点変換、最近接偶数への丸めFCVTNU(ベクタ)
FCVTPS(ベクタ)符号付き整数への浮動小数点変換、正の無限大への丸めFCVTPS(ベクタ)
FCVTPU(ベクタ)符号なし整数への浮動小数点変換、正の無限大への丸めFCVTPU(ベクタ)
FCVTXNFCVTXN2(ベクタ)低精度 narrow への浮動小数点の変換、奇数への丸めFCVTXN、FCVTXN2(ベクタ)
FCVTZS(ベクタ、固定点)符号付き固定小数点への浮動小数点変換、ゼロへの丸めFCVTZS(ベクタ、固定点)
FCVTZS(ベクタ、整数)符号付き整数への浮動小数点変換、ゼロへの丸めFCVTZS(ベクタ、整数)
FCVTZU(ベクタ、固定点)符号なし固定小数点値への浮動小数点変換、ゼロへの丸めFCVTZU(ベクタ、固定点)
FCVTZU(ベクタ、整数)符号なし整数への浮動小数点変換、ゼロへの丸めFCVTZU(ベクタ、整数)
FDIV(ベクタ)浮動小数点除算FDIV(ベクタ)
FMAX(ベクタ)浮動小数点の最大値FMAX(ベクタ)
FMAXNM(ベクタ)浮動小数点の最大数FMAXNM(ベクタ)
FMAXNMP(ベクタ)浮動小数点対最大数FMAXNMP(ベクタ)
FMAXNMV(ベクタ)ベクタ全体での浮動小数点最大数FMAXNMV(ベクタ)
FMAXP(ベクタ)浮動小数点対最大値FMAXP(ベクタ)
FMAXV(ベクタ)ベクタ全体での浮動小数点最大値FMAXV(ベクタ)
FMIN(ベクタ)浮動小数点の最小値FMIN(ベクタ)
FMINNM(ベクタ)浮動小数点最小数FMINNM(ベクタ)
FMINNMP(ベクタ)浮動小数点対最小数FMINNMP(ベクタ)
FMINNMV(ベクタ)ベクタ全体での浮動小数点最小数FMINNMV(ベクタ)
FMINP(ベクタ)浮動小数点対最小値FMINP(ベクタ)
FMINV(ベクタ)ベクタ全体での浮動小数点最小値FMINV(ベクタ)
FMLA(ベクタ、要素による)浮動小数点のアキュムレータへの結合積和(要素による)FMLA(ベクタ、要素による)
FMLA(ベクタ)浮動小数点をアキュムレータに積和FMLA(ベクタ)
FMLS(ベクタ、要素による)浮動小数点のアキュムレータからの結合積差(要素による)FMLS(ベクタ、要素による)
FMLS(ベクタ)浮動小数点をアキュムレータからの積差FMLS(ベクタ)
FMOV(ベクタ、イミディエート)浮動小数点移動(イミディエート)FMOV(ベクタ、イミディエート)
FMUL(ベクタ、要素による)浮動小数点乗算(要素による)FMUL(ベクタ、要素による)
FMUL(ベクタ)浮動小数点乗算FMUL(ベクタ)
FMULX(ベクタ、要素による)浮動小数点乗算拡張(要素による)FMULX(ベクタ、要素による)
FMULX(ベクタ)浮動小数点乗算拡張FMULX(ベクタ)
FNEG(ベクタ)浮動小数点否定FNEG(ベクタ)
FRECPE(ベクタ)浮動小数点逆数の推定FRECPE(ベクタ)
FRECPS(ベクタ)浮動小数点逆数のステップFRECPS(ベクタ)
FRINTA(ベクタ)浮動小数点の整数への丸め、0 から遠い方への最近接値へFRINTA(ベクタ)
FRINTI(ベクタ)浮動小数点の整数への丸め、現在の丸めモードを使用FRINTI(ベクタ)
FRINTM(ベクタ)浮動小数点の整数への丸め、負の無限大へFRINTM(ベクタ)
FRINTN(ベクタ)浮動小数点の整数への丸め、最近接偶数へFRINTN(ベクタ)
FRINTP(ベクタ)浮動小数点の整数への丸め、正の無限大へFRINTP(ベクタ)
FRINTX(ベクタ)浮動小数点の整数への厳密な丸め、現在の丸めモードを使用FRINTX(ベクタ)
FRINTZ(ベクタ)浮動小数点の整数への丸め、ゼロへFRINTZ(ベクタ)
FRSQRTE(ベクタ)浮動小数点逆平方根の推定FRSQRTE(ベクタ)
FRSQRTS(ベクタ)浮動小数点逆平方根のステップFRSQRTS(ベクタ)
FSQRT(ベクタ)浮動小数点の平方根FSQRT(ベクタ)
FSUB(ベクタ)浮動小数点の減算FSUB(ベクタ)
INS(ベクタ、要素)別のベクタ要素からベクタ要素を挿入INS(ベクタ、要素)
INS(ベクタ)汎用レジスタからのベクタ要素の挿入INS(ベクタ)(汎用)
LD1(ベクタ、複数構造体)1 つ、2 つ、3 つ、または 4 つのレジスタへの複数の 1 要素構造体のロードLD1(ベクタ、複数構造体)
LD1(ベクタ、単一構造体)1 つのレジスタの 1 つのレーンへの単一 1 要素構造体のロードLD1(ベクタ、単一構造体)
LD1R(ベクタ)単一要素構造体のロードと(1 つのレジスタの)全レーンへの複製LD1R(ベクタ)
LD2(ベクタ、複数の構造体)2 つのレジスタへの複数の 2 要素構造体のロードLD2(ベクタ、複数構造体)
LD2(ベクタ、単一構造体)2 つのレジスタの 1 つのレーンへの単一 2 要素構造体の ロードLD2(ベクタ、単一構造体)
LD2R(ベクタ)単一 2 要素構造体のロードと 2 つのレジスタの全レーンへの複製LD2R(ベクタ)
LD3(ベクタ、複数構造体)3 つのレジスタへの複数の 3 要素構造体の ロードLD3(ベクタ、複数構造体)
LD3(ベクタ、単一構造体)3 つのレジスタの 1 つのレーンへの単一 3 要素構造体のロードLD3(ベクタ、単一構造体)
LD3R(ベクタ)単一 3 要素構造体のロードと 3 つのレジスタの全レーンへの複製LD3R(ベクタ)
LD4(ベクタ、複数構造体)4 つのレジスタへの複数の 4 要素構造体のロードLD4(ベクタ、複数構造体)
LD4(ベクタ、単一構造体)4 つのレジスタの 1 つのレーンへの単一 4 要素構造体のロードLD4(ベクタ、単一構造体)
LD4R(ベクタ)単一 4 要素構造体のロードと 4 つのレジスタの全レーンへの複製LD4R(ベクタ)
MLA(ベクタ、要素による)アキュムレータへの積和(要素による)MLA(ベクタ、要素による)
MLA(ベクタ)アキュムレータへの積和MLA(ベクタ)
MLS(ベクタ、要素による)アキュムレータからの積差(要素による)MLS(ベクタ、要素による)
MLS(ベクタ)アキュムレータからの積差MLS(ベクタ)
MOV(ベクタ、要素)ベクタ要素の別のベクタ要素への移動MOV(ベクタ、要素)
MOV(ベクタ、汎用から)汎用レジスタのベクタ要素への移動MOV(ベクタ、汎用から)
MOV(ベクタ)ベクタの移動MOV(ベクタ)
MOV(ベクタ、汎用に)汎用レジスタへのベクタ要素の移動MOV(ベクタ、汎用へ)
MOVI(ベクタ)イミディエートの移動MOVI(ベクタ)
MUL(ベクタ、要素による)乗算(要素による)MUL(ベクタ、要素による)
MUL(ベクタ)乗算MUL(ベクタ)
MVN(ベクタ)ビット否定MVN(ベクタ)
MVNI(ベクタ)反転イミディエートの移動MVNI(ベクタ)
NEG(ベクタ)否定NEG(ベクタ)
NOT(ベクタ)ビット否定NOT(ベクタ)
ORN(ベクタ)ビット単位両立的否定論理和ORN(ベクタ)
ORR(ベクタ、イミディエート)ビット単位両立的論理和(イミディエート)ORR(ベクタ、イミディエート)
ORR(ベクタ、レジスタ)ビット単位両立的論理和(レジスタ)ORR(ベクタ、レジスタ)
PMUL(ベクタ)多項式乗算PMUL(ベクタ)
PMULLPMULL2(ベクタ)多項式乗算 longPMULL、PMULL2(ベクタ)
RADDHNRADDHN2(ベクタ)上位 narrow を返す丸め加算RADDHN、RADDHN2(ベクタ)
RBIT(ベクタ)ビット順序を反転RBIT(ベクタ)
REV16(ベクタ)16 ビットハーフワードでの要素の反転REV16(ベクタ)
REV32(ベクタ)32 ビットワードでの要素の反転REV32(ベクタ)
REV64(ベクタ)64 ビットダブルワードでの要素の反転REV64(ベクタ)
RSHRNRSHRN2(ベクタ)右シフト narrow の丸め(イミディエート)RSHRN、RSHRN2(ベクタ)
RSUBHNRSUBHN2(ベクタ)上位 narrow を返す丸め減算RSUBHN、RSUBHN2(ベクタ)
SABA(ベクタ)符号付き絶対差と累積SABA(ベクタ)
SABALSABAL2(ベクタ)符号付き絶対差と累積 longSABAL、SABAL2(ベクタ)
SABD(ベクタ)符号付き絶対差SABD(ベクタ)
SABDLSABDL2(ベクタ)符号付き絶対差 longSABDL、SABDL2(ベクタ)
SADALP(ベクタ)符号付き対加算および対累積 longSADALP(ベクタ)
SADDLSADDL2(ベクタ)符号付き加算 longSADDL、SADDL2(ベクタ)
SADDLP(ベクタ)符号付き対加算 longSADDLP(ベクタ)
SADDLV(ベクタ)ベクタ全体での符号付き加算 longSADDLV(ベクタ)
SADDWSADDW2(ベクタ)符号付き加算 wideSADDW、SADDW2(ベクタ)
SCVTF(ベクタ、固定点)符号付き固定小数点から浮動小数点への変換SCVTF(ベクタ、固定点)
SCVTF(ベクタ、整数)符号付き整数から浮動小数点への変換SCVTF(ベクタ、整数)
SHADD(ベクタ)符号付き二等分加算SHADD(ベクタ)
SHL(ベクタ)左シフト(イミディエート)SHL(ベクタ)
SHLLSHLL2(ベクタ)左シフト long(要素サイズによる)SHLL、SHLL2(ベクタ)
SHRNSHRN2(ベクタ)右シフト narrow(イミディエート)SHRN、SHRN2(ベクタ)
SHSUB(ベクタ)符号付き二等分減算SHSUB(ベクタ)
SLI(ベクタ)左シフトと挿入(イミディエート)SLI(ベクタ)
SMAX(ベクタ)符号付き最大値SMAX(ベクタ)
SMAXP(ベクタ)符号付き対最大値SMAXP(ベクタ)
SMAXV(ベクタ)ベクタ全体での符号付き最大値SMAXV(ベクタ)
SMIN(ベクタ)符号付き最小値SMIN(ベクタ)
SMINP(ベクタ)符号付き対最小値SMINP(ベクタ)
SMINV(ベクタ)ベクタ全体での符号付き最小値SMINV(ベクタ)
SMLALSMLAL2(ベクタ、要素による)符号付き積和 long(要素による)SMLAL、SMLAL2(ベクタ、要素による)
SMLALSMLAL2(ベクタ)符号付き積和演算(long)SMLAL、SMLAL2(ベクタ)
SMLSLSMLSL2(ベクタ、要素による)符号付き積差 long(要素による)SMLSL、SMLSL2(ベクタ、要素による)
SMLSLSMLSL2(ベクタ)符号付き積差(long)SMLSL、SMLSL2(ベクタ)
SMOV(ベクタ)汎用レジスタへのベクタ要素の符号付き移動SMOV(ベクタ)
SMULLSMULL2(ベクタ、要素による)符号付き乗算 long(要素による)SMULL、SMULL2(ベクタ、要素による)
SMULLSMULL2(ベクタ)符号付き long 乗算SMULL、SMULL2(ベクタ)
SQABS(ベクタ)符号付きサチュレート絶対値SQABS(ベクタ)
SQADD(ベクタ)符号付きサチュレート加算SQADD(ベクタ)
SQDMLALSQDMLAL2(ベクタ、要素による)符号付きサチュレートダブル積和 long(要素による)SQDMLAL、SQDMLAL2(ベクタ、要素による)
SQDMLALSQDMLAL2(ベクタ)符号付きサチュレートダブル積和 longSQDMLAL、SQDMLAL2(ベクタ)
SQDMLSLSQDMLSL2(ベクタ、要素による)符号付きサチュレートダブル積差 long(要素による)SQDMLSL、SQDMLSL2(ベクタ、要素による)
SQDMLSLSQDMLSL2(ベクタ)符号付きサチュレートダブル積差 longSQDMLSL、SQDMLSL2(ベクタ)
SQDMULH(ベクタ、要素による)上位半分を返す符号付きサチュレートダブル乗算(要素による)SQDMULH(ベクタ、要素による)
SQDMULH(ベクタ)上位半分を返す符号付きサチュレートダブル乗算SQDMULH(ベクタ)
SQDMULLSQDMULL2(ベクタ、要素による)符号付きサチュレートダブル乗算 long(要素による)SQDMULL、SQDMULL2(ベクタ、要素による)
SQDMULLSQDMULL2(ベクタ)符号付きサチュレートダブル乗算 longSQDMULL、SQDMULL2(ベクタ)
SQNEG(ベクタ)符号付きサチュレート否定SQNEG(ベクタ)
SQRDMULH(ベクタ、要素による)上位半分を返す符号付きサチュレート丸めダブル乗算(要素による)SQRDMULH(ベクタ、要素による)
SQRDMULH(ベクタ)上位半分を返す符号付きサチュレート丸めダブル乗算SQRDMULH(ベクタ)
SQRSHL(ベクタ)符号付きサチュレート丸め左シフト(レジスタ)SQRSHL(ベクタ)
SQRSHRNSQRSHRN2(ベクタ)符号付きサチュレート丸め右シフト narrow(イミディエート)SQRSHRN、SQRSHRN2(ベクタ)
SQRSHRUNSQRSHRUN2(ベクタ)符号付きサチュレート丸め右シフト符号なし narrow(イミディエート)SQRSHRUN、SQRSHRUN2(ベクタ)
SQSHL(ベクタ、イミディエート)符号付きサチュレート左シフト(イミディエート)SQSHL(ベクタ、イミディエート)
SQSHL(ベクタ、レジスタ)符号付きサチュレート左シフト(レジスタ)SQSHL(ベクタ、レジスタ)
SQSHLU(ベクタ)符号付きサチュレート左シフト符号なし(イミディエート)SQSHLU(ベクタ)
SQSHRNSQSHRN2(ベクタ)符号付きサチュレート右シフト narrow(イミディエート)SQSHRN、SQSHRN2(ベクタ)
SQSHRUNSQSHRUN2(ベクタ)符号付きサチュレート右シフト符号なし narrow(イミディエート)SQSHRUN、SQSHRUN2(ベクタ)
SQSUB(ベクタ)符号付きサチュレート減算SQSUB(ベクタ)
SQXTNSQXTN2(ベクタ)符号付きサチュレート抽出 narrowSQXTN、SQXTN2(ベクタ)
SQXTUNSQXTUN2(ベクタ)符号付きサチュレート抽出符号なし narrowSQXTUN、SQXTUN2(ベクタ)
SRHADD(ベクタ)符号付き丸め二等分加算SRHADD(ベクタ)
SRI(ベクタ)右シフトと挿入(イミディエート)SRI(ベクタ)
SRSHL(ベクタ)符号付き丸め左シフト (レジスタ)SRSHL(ベクタ)
SRSHR(ベクタ)符号付き丸め右シフト(イミディエート)SRSHR(ベクタ)
SRSRA(ベクタ)符号付き丸め右シフトと累積 (イミディエート)SRSRA(ベクタ)
SSHL(ベクタ)符号付き左シフト (レジスタ)SSHL(ベクタ)
SSHLLSSHLL2(ベクタ)符号付き左シフト long(イミディエート)SSHLL、SSHLL2(ベクタ)
SSHR(ベクタ)符号付き右シフト(イミディエート)SSHR(ベクタ)
SSRA(ベクタ)符号付き右シフトと累積 (イミディエート)SSRA(ベクタ)
SSUBLSSUBL2(ベクタ)符号付き減算 longSSUBL、SSUBL2(ベクタ)
SSUBWSSUBW2(ベクタ)符号付き減算 wideSSUBW、SSUBW2 (ベクタ)
ST1(ベクタ、複数構造体)1 つ、2 つ、3 つ、または 4 つのレジスタからの複数の 1 要素構造体の保存ST1(ベクタ、複数構造体)
ST1(ベクタ、単一構造体)1 つのレジスタの 1 つのレーンからの単一 1 要素構造体の保存ST1(ベクタ、単一構造体)
ST2(ベクタ、複数構造体)2 つのレジスタからの複数の 2 要素構造体の保存ST2(ベクタ、複数構造体)
ST2(ベクタ、単一構造体)2 つのレジスタの 1 つのレーンからの単一 2 要素構造体の保存ST2(ベクタ、単一構造体)
ST3(ベクタ、複数構造体)3 つのレジスタからの複数の 3 要素構造体の保存ST3(ベクタ、複数構造体)
ST3 (ベクタ、単一構造体)3 つのレジスタの 1 つのレーンからの単一 3 要素構造体の保存ST3(ベクタ、単一構造体)
ST4(ベクタ、複数構造体)4 つのレジスタからの複数の 4 要素構造体の保存ST4(ベクタ、複数構造体)
ST4(ベクタ、単一構造体)4 つのレジスタの 1 つのレーンからの単一 4 要素構造体の保存ST4(ベクタ、単一構造体)
SUB(ベクタ)減算SUB(ベクタ)
SUBHNSUBHN2(ベクタ)上位 narrow を返す減算SUBHN、SUBHN2 ベクタ)
SUQADD(ベクタ)符号付きサチュレート符号なし値の累積SUQADD(ベクタ)
SXTLSXTL2(ベクタ)符号付き拡張 longSXTL、SXTL2(ベクタ)
TBL(ベクタ)テーブルベクタの検索TBL(ベクタ)
TBX(ベクタ)テーブルベクタ検索拡張TBX(ベクタ)
TRN1(ベクタ)ベクタの置換(プライマリ)TRN1(ベクタ)
TRN2(ベクタ)ベクタの置換(セカンダリ)TRN2(ベクタ)
UABA(ベクタ)符号なし絶対差と累算UABA(ベクタ)
UABALUABAL2(ベクタ)符号なし絶対差と累算 longUABAL、UABAL2(ベクタ)
UABD(ベクタ)符号なし絶対差UABD(ベクタ)
UABDLUABDL2(ベクタ)符号なし絶対差 longUABDL、UABDL2(ベクタ)
UADALP(ベクタ)符号なし対加算と対累積 longUADALP(ベクタ)
UADDLUADDL2(ベクタ)符号なし加算 longUADDL、UADDL2(ベクタ)
UADDLP(ベクタ)符号なし対加算 longUADDLP(ベクタ)
UADDLV(ベクタ)ベクタ全体での符号なし合計 longUADDLV(ベクタ)
UADDWUADDW2(ベクタ)符号なし加算 wideUADDW、UADDW2(ベクタ)
UCVTF(ベクタ、固定点)符号なし固定小数点から浮動小数点への変換UCVTF(ベクタ、固定点)
UCVTF(ベクタ、整数)符号なし整数から浮動小数点への変換UCVTF(ベクタ、整数)
UHADD(ベクタ)符号なし二等分加算UHADD(ベクタ)
UHSUB(ベクタ)符号なし二等分減算UHSUB(ベクタ)
UMAX(ベクタ)符号なし最大値UMAX(ベクタ)
UMAXP(ベクタ)符号なし対最大値UMAXP(ベクタ)
UMAXV(ベクタ)ベクタ全体での符号なし最大値UMAXV(ベクタ)
UMIN(ベクタ)符号なし最小値UMIN(ベクタ)
UMINP(ベクタ)符号なし対最小値UMINP(ベクタ)
UMINV(ベクタ)ベクタ全体での符号なし最小値UMINV(ベクタ)
UMLALUMLAL2(ベクタ、要素による)符号なし積和 long(要素による)UMLAL、UMLAL2(ベクタ、要素による)
UMLALUMLAL2(ベクタ)符号なし積和演算(long)UMLAL、UMLAL2(ベクタ)
UMLSLUMLSL2(ベクタ、要素による)符号なし乗差 long(要素による)UMLSL、UMLSL2(ベクタ、要素による)
UMLSLUMLSL2(ベクタ)符号なし積差(long)UMLSL、UMLSL2(ベクタ)
UMOV(ベクタ)汎用レジスタへのベクタ要素の符号なし移動UMOV(ベクタ)
UMULLUMULL2(ベクタ、要素による)符号なし乗算 long(要素による)UMULL、UMULL2(ベクタ、要素による)
UMULLUMULL2(ベクタ)符号なし long 乗算UMULL、UMULL2(ベクタ)
UQADD(ベクタ)符号なしサチュレート加算UQADD(ベクタ)
UQRSHL(ベクタ)符号なしサチュレート丸め左シフト (レジスタ)UQRSHL(ベクタ)
UQRSHRNUQRSHRN2(ベクタ)符号なしサチュレート丸め右シフト narrow(イミディエート)UQRSHRN、UQRSHRN2(ベクタ)
UQSHL(ベクタ、イミディエート)符号なしサチュレート左シフト(イミディエート)UQSHL(ベクタ、イミディエート)
UQSHL(ベクタ、レジスタ)符号なしサチュレート左シフト(レジスタ)UQSHL(ベクタ、レジスタ)
UQSHRNUQSHRN2(ベクタ)符号なしサチュレート右シフト narrow (イミディエート)UQSHRN、UQSHRN2(ベクタ)
UQSUB(ベクタ)符号なしサチュレート減算UQSUB(ベクタ)
UQXTNUQXTN2(ベクタ)符号なしサチュレート抽出 narrowUQXTN、UQXTN2(ベクタ)
URECPE(ベクタ)符号なし逆数の推定URECPE(ベクタ)
URHADD(ベクタ)符号なし丸め二等分加算URHADD(ベクタ)
URSHL(ベクタ)符号なし丸め左シフト(レジスタ)URSHL(ベクタ)
URSHR(ベクタ)符号なし丸め右シフト(イミディエート)URSHR(ベクタ)
URSQRTE(ベクタ)符号なし逆平方根の推定URSQRTE(ベクタ)
URSRA(ベクタ)符号なし丸め右シフトと累積(イミディエート)URSRA(ベクタ)
USHL(ベクタ)符号なし左シフト(レジスタ)USHL(ベクタ)
USHLLUSHLL2(ベクタ)符号なし左シフト long(イミディエート)USHLL、USHLL2(ベクタ)
USHR(ベクタ)符号なし右シフト(イミディエート)USHR(ベクタ)
USQADD(ベクタ)符号なしサチュレート符号付き値の累積USQADD(ベクタ)
USRA(ベクタ)符号なし右シフトと累積(イミディエート)USRA(ベクタ)
USUBLUSUBL2(ベクタ)符号なし減算 longUSUBL、USUBL2(ベクタ)
USUBWUSUBW2(ベクタ)符号なし減算 wideUSUBW、USUBW2(ベクタ)
UXTLUXTL2(ベクタ)符号なし拡張 longUXTL、UXTL2(ベクタ)
UZP1(ベクタ)ベクタの解凍(プライマリ)UZP1(ベクタ)
UZP2(ベクタ)ベクタの解凍(セカンダリ)UZP2(ベクタ)
XTNXTN2(ベクタ)抽出 narrowXTN、XTN2(ベクタ)
ZIP1(ベクタ)ベクタの圧縮(プライマリ)ZIP1(ベクタ)
ZIP2(ベクタ)ベクタの圧縮(セカンダリ)ZIP2(ベクタ)

Copyright © 2014 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0802AJ
Non-ConfidentialID061814