3.4 --bincombined_base=address

--bincombined 出力モードで使用するベースアドレスを下げることができます。生成される出力ファイルは、指定されたアドレスから始まるメモリにロードできます。

構文

--bincombined_base= address
address はイメージをロードする開始アドレスです。

デフォルト

デフォルトでは、メモリ内の最初のロード領域の開始アドレスがベースアドレスとして使用されます。

制約条件

このオプションは --bincombined と組み合わせて使用する必要があります。If you omit --bincombined を省略した場合は、警告メッセージが表示されます。

--bincombined --bincombined_base=0x1000
関連する参考文書
3.3 --bincombined
3.5 --bincombined_padding=size,num
関連情報
入力セクション、出力セクション、領域、およびプログラムセグメント
非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0805CJ
Copyright © 2014, 2015 ARM.All rights reserved.