3.5 --bincombined_padding=size,num

--bincombined 出力モードで使用されるパディング値に、 デフォルトとは異なる値を指定できます。

構文

--bincombined_padding= size,num
各項目には以下の意味があります。
size
バイト、ハーフワード、またはワードを指定するための 1 バイト、2 バイト、または 4 バイト。
num
パディングに使用する値。指定されたサイズに収まりきらない大きな値を指定すると、警告メッセージが表示されます。

fromelf ユーティリティは、入力ファイルの適切なエンディアンに 2 バイトおよび 4 バイトのパディング値が指定されていると想定します。例えば、ビッグエンディアンの ELF ファイルをバイナリに変換する場合は、指定されたパディング値がビッグエンディアンのワードまたはハーフワードとして扱われます。

デフォルト

デフォルトは --bincombined_padding=1,0xFF です。

制約条件

このオプションは --bincombined と組み合わせて使用する必要があります。If you omit --bincombined を省略した場合は、警告メッセージが表示されます。

サンプル

以下に、--bincombined_padding の使用例を示します。
--bincombined --bincombined_padding=4,0x12345678
この例では、プレーンバイナリ形式の出力が作成され、ロード領域の間のスペースが 32 ビットのワード 0x12345678 のコピーで埋められます。
--bincombined --bincombined_padding=2,0x1234
この例では、プレーンバイナリ形式の出力が作成され、ロード領域の間のスペースが 16 ビットのハーフワード 0x1234 のコピーで埋められます。
--bincombined --bincombined_padding=2,0x01
ビッグエンディアンメモリに対してこの例を指定すると、ロード領域の間のスペースが 0x0100 で埋められます。
関連する参考文書
3.3 --bincombined
3.4 --bincombined_base=address
非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0805CJ
Copyright © 2014, 2015 ARM.All rights reserved.