3.13 --debugonly

コードセクションまたはデータセクションの内容を削除します。

使用法

このオプションにより、出力ファイルにデバッグに必要な情報(デバッグセクション、シンボルテーブル、ストリングテーブルなど)のみが含まれるようになります。セクションヘッダは、シンボルのターゲットとして機能する必要があるため保持されます。

制約条件

このオプションは --elf と組み合わせて使用する必要があります。

例 3-1 例

ELF ファイル debugout.axf を、デバッグ情報のみを含む ELF ファイル infile.axf から作成するには、以下のように入力します。
fromelf --elf --debugonly --output=debugout.axf infile.axf
関連する参考文書
3.22 --elf
非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0805CJ
Copyright © 2014, 2015 ARM.All rights reserved.