3.34 --i32combined

Intel Hex32 ビット形式の出力を作成します。複数のロード領域を含むイメージ用に 1 つの出力ファイルが生成されます。

この出力のベースアドレスは、--base オプションを使用して指定できます。

Restrictions

以下の使用制限があります。
  • AArch64 状態ではサポートされていません。
  • オブジェクトファイルに対してはこのオプションを使用できません。
  • このオプションは --output と組み合わせて使用する必要があります。

Considerations when using --i32combined

If you convert an ELF image containing multiple load regions to a binary format, fromelf creates an output directory named destination and generates one binary output file for all load regions in the input image. fromelf places the output file in the destination directory.
ELF イメージは、複数のロード領域を定義しているスキャッタファイルを使用してビルドされた場合などに、複数のロード領域を保持します。

1 つの出力ファイル outfile2.bin を、 2 つのロード領域があり、開始アドレスが 0x1000 のイメージファイル infile2.axf から作成するには、 以下のコマンドを入力します。
fromelf --i32combined --base=0x1000 --output=outfile2.bin infile2.axf
関連する参考文書
3.1 --base [[object_file::]load_region_ID=]num
3.33 --i32
3.46 --output=destination
非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0805CJ
Copyright © 2014, 2015 ARM.All rights reserved.