2.1 armlink のエラーおよび警告メッセージの非表示

コマンドラインオプションを使用して、リンカで生成される一部の診断メッセージを非表示またはダウングレードできます。

リンカのすべての警告は、コンパイラの警告の場合と同様に、--diag_suppress を使って非表示にすることができます。以下に例を示します。
--diag_suppress 6306
一部のエラー(L6220E、L6238E、L6784E など)は、次のようにして警告に降格できます。
--diag_warning
非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0807CJ
Copyright © 2014, 2015 ARM.All rights reserved.