1.7.2 C ライブラリを使用せずにベアマシン C としてアプリケーションを作成

ベアマシン C アプリケーションは、C ライブラリによって提供されている C ランタイム環境全体を自動的には使用しません。

ライブラリを使用せずにアプリケーションを作成する場合でも、コンパイラにより暗黙的に呼び出されるライブラリの関数を一部インクルードする必要があります。小規模な再実装のみで利用可能になるライブラリ関数も多数存在します。
関連する概念
1.7.3 整数および浮動小数点コンパイラ関数と、C ライブラリなしでのアプリケーションのビルド
1.7.6 カスタマイズされた C ライブラリ起動コードおよび C ライブラリ関数へのアクセス
1.7.7 C ライブラリを使用する場合の低レベル関数の使用
1.7.8 C ライブラリを使用する場合の高レベル関数の使用
1.7.4 ベアマシン整数 C
1.7.5 浮動小数点処理を使用したベアマシン C
1.7.9 C ライブラリを使用する場合の malloc() の使用
関連する参考文書
1.7.1 C ライブラリを使用しないアプリケーションの作成
非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0808CJ
Copyright © 2014, 2015 ARM.All rights reserved.