1.17 C ライブラリ関数 fread()、fgets()、および gets()

関数 fread()fgets()、および gets() は、可能な場合は高速ブロック入出力関数として実装されます。

これらの高速実装は、ARM ストリーム実装の一部であり、fgetc() をバイパスします。高速実装が不可能である場合は、fgetc() および ferror() のループとして実装されます。それぞれに FILE 引数が内部的に使用されます。
独自の __FILE__stdingets() 用)、fgetc()、および ferror() を実装する場合は、これらの関数や、C++ オブジェクト std::cin をライブラリから直接使用できます。
関連する概念
1.14 C ライブラリ printf ファミリ関数
1.15 C ライブラリ scanf ファミリ関数
1.16 C ライブラリで高レベルライブラリ関数の直接使用を有効化するための低レベルライブラリ関数の再定義
1.18 C ライブラリでの __backspace() の再実装
1.19 C ライブラリでの __backspacewc() の再実装
1.20 C ライブラリでのターゲットに依存するシステム入出力関数の再定義
関連する参考文書
1.12 C および C++ ライブラリでの入出力関数のカスタマイズ
1.13 C および C++ ライブラリ内での低レベル関数のターゲット依存関係
非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0808CJ
Copyright © 2014, 2015 ARM.All rights reserved.