2.7 microlib とリンクしたプログラムの開始と終了

Microlib では、引数を取らず、決して制御を返さない main() 関数が必要です。

プログラムを開始するには、main() を使用します。main() が引数を取るようには宣言しないで下さい。Microlib では、オペレーティングシステムからのコマンドライン引数をサポートしていません。
プログラムで main() は値を返しません。これは、microlib には main() からの終了を処理するコードが含まれていないためです。Microlib では、exit() を呼び出すプログラムをサポートしていません。
main() 関数から値が返されないようにするには、関数の末尾にエンドレスループを挿入します。以下に例を示します。
void main() {   ...   while (1); // main() から値が返されないようにするためのエンドレスループ }
関連する概念
2.1 microlib について
2.2 microlib とデフォルトの C ライブラリの違い
2.3 microlib のライブラリヒープ使用状況の要件
2.4 microlib でサポートされていない ISO C 機能
2.5 microlib を使用したアプリケーションのビルド
関連する作業
2.6 microlib で使用するスタックおよびヒープの設定
関連する参考文書
2.8 microlib 入出力関数のカスタマイズ
非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0808CJ
Copyright © 2014, 2015 ARM.All rights reserved.