3.2 ARM 浮動小数点環境の制御

ARM® コンパイルツールでは、互換性と移植性を考慮して、浮動小数点環境に適したいくつかのインタフェースが提供されています。

これらのインタフェースを使用して、丸めモードの変更、例外トラップの有効化と無効化、ユーザ定義の例外トラップハンドラのインストールを行うことができます。

ARM コンパイラ ツールチェーンでは、AArch64 ターゲット用の浮動小数点の例外のトラップはサポートされません。
以下のサブセクションから構成されています。
関連する概念
3.2.1 Microsoft 製品との互換性を維持するための浮動小数点関数
3.2.9 ユーザ定義の例外トラップハンドラの記述
3.2.10 ユーザ定義の例外ハンドラの例
3.2.11 シグナルによる例外トラップ処理
3.5.7 IEEE 754 浮動小数点演算で発生する例外
関連する参考文書
3.2.2 ARM 浮動小数点環境を制御するための C99 互換関数
3.2.8 C99 インタフェースの ARM 浮動小数点コンパイラ拡張
5.5 __ieee_status()
5.3 __fp_status()
非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0808CJ
Copyright © 2014, 2015 ARM.All rights reserved.