4.10 getenv()

stdlib.h に含まれている標準 C ライブラリの getenv() 関数です。指定された環境変数の値を取得します。

構文

char *getenv(const char *name);

使用法

デフォルトの実装では、使用できる環境情報がないことを示す NULL が返されます。
getenv() を再実装する場合、 ARM® では、入力文字列 name を何らかの形式の環境リストで検索する方法で再実装することをお勧めします。一連の環境名と、環境リストを変更するメソッドは、実装によって定義されます。getenv() は他の関数に依存せず、getenv() に依存する関数もありません。
getenv() に密接に関連する関数は _getenv_init() です。_getenv_init() は、定義されていると起動中に呼び出され、ユーザによって再実装された getenv() が自身を初期化できるようにします。

戻り値

一致したリストメンバに関連付けられた文字列を指すポインタが返されます。参照された配列がプログラムによって修正されることはありませんが、getenv() へのその後の呼び出しによって上書きされる場合があります。
非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0808CJ
Copyright © 2014, 2015 ARM.All rights reserved.