4.34 strlcat()

string.h で定義される strlcat() 関数は、2 つの文字列を連結します。

構文

extern size_t strlcat(char *dst, const char *src, size_t size);

使用法

strlcat() は、最大 size-strlen(dst)-1 バイトを、NULL で終わる文字列 src から dst の末尾に追加します。この関数は、長さだけでなくバッファの完全なサイズを取得し、size が 0 より大きい場合には、結果を NULL で終端します。size 値には、NULL のためのバイトを含めて下さい。
strlcat() 関数は、長さに制限がない場合に作成される文字列の長さの合計を返します。割り当てられている長さが十分かどうかによって、実際に作成される文字列の長さと等しい場合も、等しくない場合もあります。どれくらいの長さが必要かを調べるために、まず strlcat() を呼び出し、長さが不十分な場合は十分な長さを割り当て、再度 strlcat() を呼び出して必要な文字列を作成することができます。
この関数は、多くの C ライブラリで一般的な BSD 由来の拡張です。
非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0808CJ
Copyright © 2014, 2015 ARM.All rights reserved.