__aeabi_errno_addr()

この関数は、C ライブラリが errno の読み出しまたは書き込みを試行した場合に、C ライブラリの errno 変数のアドレスを取得するために呼び出されます。デフォルトの実装はライブラリによって提供されます。通常、この関数を再実装する必要はありません。

この関数は C ライブラリ標準にはありませんが、ARM C ライブラリでは拡張としてサポートされています。

Show/hide構文

volatile int *__aeabi_errno_addr(void);

Show/hide関連項目

Copyright © 2014 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0809AJ
Non-ConfidentialID061814