_srand_r()

stdlib.h で定義されるこの関数は、srand() 関数の再入可能バージョンです。

Show/hide構文

int __srand_r(struct _rand_state * buffer, unsigned int seed);

各項目には以下の意味があります。

buffer

乱数ジェネレータの状態を格納する、ユーザ定義のバッファを指すポインタです。

seed

_rand_r() へのその後の呼び出しによって返される、新しい一連の疑似乱数のシードです。

Show/hide使用法

この関数を使用すると、スレッドローカルストレージで使用できる独自のバッファを明示的に指定できます。

_srand_r() が同じシード値で繰り返し呼び出される場合、一連の疑似乱数は同じ値が繰り返されます。_rand_r() を呼び出した後で、_srand_r() への呼び出しを同一バッファで行うと、バッファが初期化されていないため、動作は定義されていません。

Show/hide関連項目

Copyright © 2014 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0809AJ
Non-ConfidentialID061814