__rt_lib_init()

rt_misc.h で定義されるこの関数は、__rt_lib_shutdown() の対となるライブラリ初期化関数です。

Show/hide構文

extern value_in_regs struct __argc_argv __rt_lib_init(unsigned heapbase, unsigned heaptop);

各項目には以下の意味があります。

heapbase

ヒープメモリブロックの開始位置です。

heaptop

ヒープメモリブロックの終了位置です。

Show/hide使用法

この関数は __rt_stackheap_init() の直後に呼び出され、ヒープとして使用される最初のメモリチャンクに渡されます。この関数は標準 ARM C ライブラリ初期化関数であり、再実装することはできません。

Show/hide戻り値

この関数は、main() に渡される argcargv を返します。構造体は以下のようにレジスタに返されます。

struct __argc_argv
{   int argc;
    char **argv;
    int r2, r3;   // main() へのエントリ時にレジスタ R2 および R3 に
};                // 格納されているオプションの追加引数。
Copyright © 2014 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0809AJ
Non-ConfidentialID061814