_sys_open()

rt_sys.h で定義されるこの関数は、ファイルを開きます。

Show/hide構文

FILEHANDLE _sys_open(const char *name, int openmode);

Show/hide使用法

_sys_open() 関数は、fopen() および freopen() の実行に必要です。また、これらの 2 つの関数はファイル入出力関数が使用される場合に必要です。

openmode パラメータはビットマップです。これらのビットのほとんどは ISO モード仕様に直接対応しています。ターゲットに依存する拡張も可能ですが、その場合は freopen() も拡張する必要があります。

Show/hide戻り値

エラー発生時の戻り値は -1 です。

Show/hide関連項目

参照

『ARM C ライブラリ、C++ ライブラリ、および浮動小数点サポートユーザガイド』

Copyright © 2014 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0809AJ
Non-ConfidentialID061814