__rt_entry

シンボル __rt_entry は、ARM C ライブラリを使用するプログラムの開始位置です。 分散ロードされたすべての領域がそれぞれの実行アドレスに再配置された後、制御が __rt_entry に渡されます。

Show/hide使用法

デフォルトでは、__rt_entry は以下のように実装されます。

  1. ヒープとスタックをセットアップします。

  2. __rt_lib_init を呼び出して C ライブラリを初期化します。

  3. main() を呼び出します。

  4. __rt_lib_shutdown を呼び出して C ライブラリを終了します。

  5. 終了します。

__rt_entry は、以下のいずれかの関数への呼び出しで終了する必要があります。

exit()

atexit() で登録された関数を呼び出し、ライブラリを終了します。

__rt_exit()

ライブラリは終了しますが、atexit() 関数は呼び出しません。

_sys_exit()

終了して実行環境に直接戻ります。 ライブラリの終了も、atexit() 関数の呼び出しも実行されません。

Copyright © 2014 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0809BJ
Non-ConfidentialID121814